僕は君たちに武器を配りたいビジネス書

「僕は君たちに武器を配りたい」から学ぶ、投資家的な生き方と考え方

「僕は君たちに武器を配りたい」という本を読んで、ここから得た教訓と気づきを書く。

投資という言葉にはネガティブな印象がつきものだが、投資家的に生きると言うことが、実に他者を考える精神に富んだ生き方だということに、気付かされた。

また、投資家的、という視点だけでなく、社会生活をする上でのヒントとなる言葉にも多く出会えた。

ビジネス書

「お金2.0」から学ぶ、人類の根源的な自己研鑽の姿勢。

「お金2.0」を読んで、今後より一層個性が大事になっていく時代になると感じました。大事になっていくと言うよりは、個性が重んじられ、努力する人が一層報われる時代になるのではないかと思ったです。

この本から学んだ自己研鑽の姿勢を、アドラー心理学を交えて書かせていだきたいと思います。

ビジネス書

嫌われる勇気。アドラー心理学の教えから学んだこと。

「嫌われる勇気」という本を読んだ。アドラー心理学をわかりやすく解説した本である。

この本を読んで気付かされたこと、心に留めておきたいことを書いておこうと思う。

考え方の根本を示した本であり、いい意味で人間の弱い部分を突いていると感じた。

心理学でありながらわかりやすく、大胆な本であった。